福建江安海龍山寺の分霊として創建

台湾は東アジアにある島嶼である。有名人には野球でも有名な王貞治がいる。

治安の良い国だと言われており、日本に似ており、旅行に来た人は好感を持つ人たちが多いのも事実である。台湾語と中国語が主流であり、交通面では、右側通行で左ハンドルである。平均降雨量は標高や季節により異なり、台風が多い。

日本語が分かる人も多く、日本に好意を持っている国である。國立故宮博物院は、台湾政府が所蔵する中国大陸にあった品々を保存している場所である。

日本が占領していた時は、國立故宮博物院は中国大陸に移動しており、戦後に台湾に再び持ってきた品が多い。猫空ゴンドラは、茶農家が、茶摘みの風景を見学できるように公開したのが始まりと言われている。

眺めがよく、台北市を見る事も可能であり、夜も賑わっている所である。台北101は、台北市信義区にある高層ビルであり、高さは509mである。2004年に世界一の高層建築物として竣工された。

2007年にブルジュ・ハリーファに抜かれるまでは、世界一の高さを誇っていた。龍山寺は、1738年に福建省泉州から渡来した人により、福建江安海龍山寺の分霊として創建された。観光スポットとしても人気があり、台北でも有名な場所である。

台北動物園は、アジア最大の動物園と言われており、巨大な動物園である。国立台湾民主記念館は、高さが70mある建造物である。蒋介石を記念して建てられたメモリアルホールであり、蒋介石を称える展示が多く残されている。

気候は、北部は夏を除けば、比較的気温が低い傾向があり、南部は冬を除けば気温が30度を超える事が多い傾向がある。

夏は5月から9月までで、蒸し暑く日中の気温は非常に高く、7月の平均気温は28である。冬は12月から2月までしかなく、1月の平均気温は14度である。

重要な政治的問題として台湾問題があり、国民は中華人共和国と分離している現在の状況を維持する事を望む考えが多い。

最大の都市は北部盆地に位置する台北市である。中華民国の首都機能を果たしている台北市は、臨時首都および中央政府所在地という扱いである。

日本統治時代は、日本の食糧補給基地としての役割があった台湾では、食料を加工や保管する軽工業が発展し、政府主導や経済特区による経済プロジェクトが展開され、日本のコネクションを利用した工業が発達し、重工業化した。

台湾は日本でも知名度の高い有名人も多く、日本とも深いかかわりがある島嶼である。