国民はその98%が漢民族で構成

日本は、昔からアジアの中でも経済大国として様々な国と交流がある。アメリカなどの欧米諸国との繋がりもかなり深いが、東アジアの国々との関係もかなり重要なものとなっている。

東アジアの国々と関係性が深い理由としては、近隣の国だからという理由だけでなく第二次世界大戦時で失われた関係性を近年急速に取り戻しつつあるからと言う理由も挙げられるだろう。

日本は第二次世界大戦時に外国諸国に様々な被害を与え、今でもそれをあまり良く思っていない国や人も多い。

反日的な感情を持つ人がいる国が多い中で、比較的親日的な感情を持っている人が多い国として「台湾」が挙げられる。

台湾は、沖縄列島のすぐ近くに存在している島だ。現在は、中国がその主導権を握っている状態で、オリンピックなどの国際大会の場では「中華民国の台湾」という意味を持つ「チャイニーズ・タイペイ」と表記されることがほとんどである。

比較的小さな島ではあるが、国の持つハイテク技術はかなり高度なものが多く、現在は先進国として認識されるようになっている。首都は「台北市」で、毎年数多くの観光客でにぎわっている。

日本からも毎年かなり多くの観光客が訪れており、台湾の伝統的な屋台を回って食事をする風景は一般的にも知名度が高い。

台湾が日本人の観光うスポットとしてかなり人気である理由としては、地理が近いということや食事や屋台を楽しめるからという理由だけではない。様々な理由の中でもかなり大きなものとして、親日の人が多いからという理由がある。

台湾の国民は、その98%が漢民族で構成されている。中国領と言うことで中国本土から移住してくる人が多いからである。台湾の原住民は2パーセント程度にとどまっている。

中華系の人が国民の多くを占めているのになぜ親日的な感情を抱くのかと疑問を持つ人も少なくない。この理由は、この国がどこの領土であったかと現在どのような状態なのかを知ることができれば理解することができる。

この国は、かつては日本の領土として日本が占領していた時期があった。その時に台湾は様々な技術を日本から学ぶこととなった。

戦争を経験することになりあまり日本を良く思っていない人もいる。一方で、現在中国領として生活をしている中で、中国への反抗的な感情を持つ人が大勢いる。

日本と中国の統治を比べた時に、日本の方が良かったと思う人が大半を占めるため日本に交換を持っている人が多いというのが理由の一つに挙げられる。